スマホでワクチンを開発する博士

自転車で一周する企画

不都合人開業味方日誌の一新をめぐってきました。

読了までの目安時間:約 2分

 

30代中盤のダディーだ。先天性で成育支障があり、また重度のうつに苦しんでいて、支障者思い出2級を以てあり、現在は支障者年金で生活している。3ひと月下旬の此度、支障者独り立ち支え思い出の置換に市役所をめぐってきました。(3/31までなのでさんざっぱら駆け込みですが…)。わたしは駅前に住んでいて、市役所が向かいにおけるので足5パイほど。最近改装し新庁舎ができました。初々しいので綺麗で便利ですが、町民からは税金の無駄使いという声も…。支障者関連の課は旧来から残る分庁舎の2フロアだ。毎度、女性のスタッフが対応することが多いのですが、この日はオッサンのダディースタッフさんでした。上下共通の灰色の上着を着ていて、きっと「公務員」という気分でした(笑)これですね、手に黒か紺色の袖エンドを巻いてデスクで黙々と作業していそうな…。思い出の置換エントリーはスムーズに終わりました。独り立ち支えだと見立て費恐怖が3割から1割合なりますが、確定やれるクリニックって薬屋は各最初か所だけです。それでも月に数回上記指定した心療内科には行くので、いやに助かります!
先日忙しくて、何だかコミックを録画しておいたのが見られないである。
外部備え付けHDDの音量も気になりますし、見たものでいらないものから削除していきたいのですがなかなか進みません。
1本半前後はしっかりかかってしまうので、役割以外の年月で消化していこうと思っても実態は凄いだ。
ある程度テレビの前にいられるわけではありませんしね。見られても毎日3言葉か4言葉食い分ぐらいだ。
ただし、録画してあるコミックは今期のグッズほとんどなので、1言葉だけ見て削除する肩書きも出てきそうだ。
短くしないと次のタームが始まってしまうのでどうしようかと思案中だ。前のタームのいらないヒューマンも消しないと…。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed